新宿で美容外科をさがす

この画面は、簡易表示です

こんなにあった、美容外科でできる手術法

近年ではプチ整形という言葉も登場し、身近なものになりつつある美容外科。新宿の美容外科では、具体的にはどのような手術が行われているのかご存知でしょうか。ここでは、メリットやデメリットも合わせて詳しく紹介していきます。

やはり人気の目の整形

新宿の美容外科で行われている手術の中で、やはり人気なのが目を二重にする手術です。二重にするには大きく分けて埋没法と切開法があり、埋没法は比較的リスクが少なく気軽に受けることができるため、プチ整形とも言われています。埋没法では、瞼の2ヶ所に糸を留めることで二重瞼を作っていきますが、場合によっては1ヶ所、あるいは3ヶ所以上留めることもあります。メスなどを使わないので腫れなども比較的早く引きますが、永久的なものではないため数年以内に糸が取れてしまうケースも少なくありません。
切開法では瞼にメスを入れ二重を形成していくので、埋没法のように糸が取れてしまう心配はありませんが、手術の際出血も伴い、腫れも長引くため社会復帰できるまである程度の時間が必要になります。

鼻の整形にも、様々な種類がある

鼻の整形手術も、新宿美容外科で人気があります。鼻の整形手術ではただ高さを調整するだけでなく、小鼻部分を小さくしたり団子鼻やワシ鼻を改善したりなど、鼻の形を変えることも可能なのです。
まず、鼻を高くしたい場合には隆鼻術とヒアルロン酸注射があります。隆鼻術ではシリコンなどを鼻に入れることで鼻を高くします。隆鼻術は手術が必要になりますが、一度手術をしてしまえばほぼ永久的に鼻の高さを維持できます。
ヒアルロン酸注射では手術の必要はないため負担は軽くなりますが、持続期間は長いとは言えないので永久的な鼻の高さを求める方には不向きです。ですが試しに鼻を高くしてみたいという方にはおすすめの方法と言えるでしょう。小鼻を小さくしたい時は小鼻縮小術、団子鼻やワシ鼻を改善したい時には鼻尖縮小術があります。

唇や輪郭を変えることも可能

美容外科では、唇や輪郭を理想の形に変えることもできます。
ふっくらとした唇はセクシーで魅力的ですが、本人はたらこ唇だと悩んでいる場合もあります。
そんな時は口唇縮小術で、糸を使用し唇を整えていくことが可能です。一方、唇に厚さが欲しいという場合には、ヒアルロン酸を注入すればぷるぷるとした魅惑的な唇を手に入れられます。
輪郭も、顔の印象を決めるうえで重要になってきます。シリコンプロテーゼ術では、顎の部分にシリコンプロテーゼを挿入しシャープな輪郭を作ることができます。手術が必要となりますが、手術時間も比較的短めで切開をする範囲も狭いので負担も少ない方法です。効果も半永久的に続き、シャワーや洗顔なども手術当日から行うことができるのもうれしいポイントとなっています。





top