新宿で美容外科をさがす

この画面は、簡易表示です

新宿の美容外科で受けられる医療脱毛の種類

美容外科では、顔のパーツや体など以外にも、アンチエイジングや美肌を目的とした施術方法があります。さらに永久脱毛も医療機関で受けることが可能です。ここでは、医療脱毛の種類やメリットについてご紹介します。

コメットレーザーとは

新宿の美容外科で受けられる医療脱毛では「ダイオードレーザー」と呼ばれる方法が多く使われています。
その中でも「コメットレーザー」という方法は、ダイオードレーザーと高周波RFと呼ばれる2つの方法を組み合わせて行う医療脱毛になります。
ダイオードレーザーはメラニン色素のみに反応をして脱毛をすることが得意なため、産毛や白髪といったメラニン色素のない部分の脱毛はあまり得意ではありません。高周波RFは、ダイオードレーザーの苦手とする脱毛に対して得意な方法なので、この方法を組み合わせる事によってどんな部分のムダ毛もしっかりと脱毛効果が得られます。
なお、男性の濃いヒゲでも適用可能な方法なので女性だけでなく男性にも選ばれているメジャーな方法の1つといえます。

アレキサンドライトレーザーとは

ジェントルマックスプロは、2つの長い波長のレーザーを照射することによって脱毛をします。この方法は、医療脱毛にあたるので美容外科や皮膚科といった医療機関でないと施術を受けることが出来ません。
このレーザーの特徴は、色素の濃い毛や色素沈着を起こしている皮膚であっても脱毛できる「ヤグレーザー」と、通常のムダ毛をしっかり脱毛できる「アレキサントライトレーザー」を併用することで確実な脱毛効果が得られます。
長い波長を使って脱毛するため、毛根が深い部分にある毛であってもレーザーが届き脱毛が可能です。また冷却装置も搭載しているので、痛みの軽減や火傷のリスクを回避する方法が取られている安全な脱毛器具です。しかし痛みに敏感な人や弱い人には痛みを感じる可能性があります。

フラッシュ脱毛の概要

フラッシュ脱毛は、新宿の美容外科だけでなく医療機関ではないサロンでも用いられている方法です。
別名「光脱毛」「IPL脱毛」とも呼ばれていて、通常のレーザー脱毛よりも痛みが少ないことが最大のメリットです。なおサロンで行われているものと医療機関で行われている方法は、波長や出力に差が出るので、痛みをなるべく少なくして脱毛をしたい場合にはサロンを、早く脱毛効果を得たい場合には医療機関で脱毛することをオススメします。
また、フラッシュ脱毛はアトピー性皮膚炎の方であっても施術を受けることが出来るので、皮膚に優しい安全な方法といえます。
さらに施術時間もレーザー脱毛よりも短いので、患者の身体的・精神的な負担が少ないのもうれしいです。





top